読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

【新所沢グルメ】ちょっと近くの南京亭に初めて行ってみた

 

最近、車を購入したことで行動範囲が広がり、「ちょっと外食でも」という機会が増えました。

奥さん的には食事の用意がないので楽チンのようですが、家計を預かる身としては外食は控えたいところ。

やっぱり焼き肉や回転すしでは、それなりに掛かりますしね。

そこで、今回白羽の矢が立ったのは中華料理の南京亭。

歩くと遠い、けど車ならすぐ。

そんな距離にあった南京亭。

お手軽な中華料理店ということで、お安く食べれらるのでは?と行ってみました。

その結果は果たして?

 

南京亭

南京亭はお手軽に本格中華が味わえる中華料理店で、日高屋や満州、王将といった中華料理店と同じく、麺類を始めとして様々な定食、一品料理が楽しめます。

姉妹店に『東京亭』というのがあって、これは「トンキンテイ」。

間違っても「トウキョウテイ」なんて言わないようにw

www.nankintei.com

http://www.nankintei.com/index.html

 

わたしの家の近くにあるのは「南京亭新所沢店」

463号沿いのため駐車場も広めで、車で来やすいお店ですね。

店の中は、開放的な厨房の周りにカウンター、その外側にテーブル席という配置。

厨房がオープンなので、皿洗いのガチャガチャした音まで、大音量で聞こえてきます。

まぁ、活気があると言えば聞こえはいいですが。

今回はテーブル席を利用しました。

 

南京亭メニュー

f:id:ikkiblog:20170520095542j:plain

メニュー的には一般的な中華料理店と変わりません。

ただ、餃子の満州や王将、日高屋に比べると、一品料理のメニューは豊富だと思います。

キクラゲと玉子の炒め物や、イカの辛子炒めといったメニューも。

一品料理はプラス190円くらい?で定食として提供してくれます。

餃子に関しても1皿4個と数は少ないですが、ジャンボ餃子なので十分なボリュームがあります。

特に、お店で手作りしているのでおススメの1品ですね。

 

南京亭食レポ

f:id:ikkiblog:20170520095554j:plain

今回は車ということで、アルコールは飲めません。

で、奥さんはグラスビール、わたしはノンアルコールビールで乾杯!(何に?)

注文したメニューは次のとおり。

・豚の生姜焼き(定食)
・イカの辛子炒め(定食)
・豚とキャベツの味噌炒め(一品料理)
・お勧めジャンボ餃子

 

まずは奥さん注文の「豚の生姜焼き(定食)」

f:id:ikkiblog:20170520095555j:plain

見た目は普通の中華屋的生姜焼き定食。

豚肉はバラバラっとしていて、大きな肉が3枚とかで出てくるタイプではありませんね。

キャベツにマヨネーズは鉄板でしょうw

味は普通ですが、生姜の風味が強くてパンチがあります。

おススメできますね。

次に「ジャンボ餃子」に「豚肉とキャベツの味噌炒め」。

f:id:ikkiblog:20170520095557j:plain

ジャンボ餃子は奥さん好みの大きな餃子で、満州よりも美味しいと言っていました。

わたしはどちらも美味しいですけどw

ただ、食べ応えはあるのでお腹一杯になりたいのであれば、南京亭かな?

そして豚肉とキャベツの味噌炒め。

これは味噌がかなり効いていて、味は非常に濃いめ、個人的には好きな味です。

味噌が好きな人は好物でしょうね。

ただし味が濃いので、後から喉が渇くかもしれません。

最後に「イカの辛子炒め(定食)」。

f:id:ikkiblog:20170520095558j:plain

これは・・・微妙。

見ての通り、鷹の爪が入っているので、ツンとくる辛みが「辛子」なのか「鷹の爪」なのか、いまいち分かりにくい。

食べ始めは辛子の風味だと思っていたんですが、奥さんから鷹の爪の味?と言われた途端、分からなくなってしまう程度の辛みです。

正直、次回はナシです。

 

南京亭のお会計

今回は定食×2、一品料理に餃子、ドリンク×2。

しめて3,800円でした。

これを高いとみるか、普通とみるか。

満州ならもっと安かったでしょう。

お値段的には微妙、という判断ですかね~。

24時間営業ですが、遅い時間に食事することも無いし、24時間営業のコストが上乗せされていると考えれば、妥当な価格なのかもしれませんね。

また、機会があれば行ってみます。

 

以上、「【新所沢グルメ】ちょっと近くの南京亭に初めて行ってみた」でした。