読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

シンプル・イズ・ベスト!?ブログデザインを1カラムにしようか悩み中

ブログ

 

普通のブログデザインって、多くは2カラムですよね。

情報量が多い「サイト」となると3カラムが多いのかな?

まぁ、そんな感じですよね。

最近はスマホに慣れているせいか、たとえパソコンで閲覧していても3カラムはゴチャゴチャ感がぬぐえず、両サイドなんて全く見ない。

ブログの場合は、カテゴリーや人気記事などは目に入るけど、実際にクリックする事は少ないかな。

そうなると、パソコンでもスマホと同じような1カラムでいいんじゃない?

そんなお話。

 

なんで、そんな事を考えるようになったかというと、はてなブログのトップページって記事が丸々表示されるでしょ?

長い記事をいくつか書くと、トップページの長さといったら、とんでもないものになる。

ちょっと、見た目が良くない気がする。

だから「続きを読む」を設置して記事毎の長さを調整することで、トップページ全体の長さを短くしつつ、多くの記事が表示できるようにしてるんだよね。

 

でもね、記事毎にソーシャルボタンとかも表示されるので、何となくスッキリしない。

ライブドアブログの場合には、トップページが一覧表示になっているデザインもたくさんあって、その辺はライブドアブログの方が優れてる。

スマホでの画像のアップロードもライブドアの方が使い勝手はいいし。

さて、そんなこんなで色々と考えてみました。

 

まずは、1カラムにする。

1カラムにすることで考えられるデメリットは、サイドバーが無いために「人気記事」や「お勧め記事」が目に入りやすい位置ではなくなること。

せっかく訪問してくれた方に、たくさんの記事を読んでもらいたいと考えるなら、サイドバーの存在は大きいよね。

1カラムの場合は、最初のビューでは情報量があまりにも少なくなってしまう。

ただね、スマホの場合は1カラムしかないわけで、スマホからの訪問数の方が多い状況なら、パソコンが1カラムでも大勢に影響しないんじゃないかな?

記事自体が面白いものであれば、「他の記事も読んでみたい」という欲求が出てくるし、記事を最後まで読んでもらえれば「人気記事」や「お勧め記事」が目に入るだろうしね。

それと、上部にグローバルナビゲーションがあれば、「カテゴリー」や「リンク」などは設置できるし、ブログを読む意識が高ければそういった場所もチェックしてくれると思うんだ。

第一、1カラムの方が記事に集中してもらえるので、記事を書く側としても集中して書くようになる。

そうすれば良記事を書くことにつながる気がするよ。

 

さてデザインを1カラムにしたうえで行う次の一手は、トップページの記事表示数を1記事にしてしまう。

こうすると、「続きを読む」が必要なくなるよね。

最新の記事が1つだけ表示されてる状態で、他の記事については記事下に「最新記事」として5つくらい表示されるようにカスタマイズすればいいんじゃない?

カテゴリーはグローバルナビゲーションに入れてしまえばOK。

うん、シンプルになりますね。

でもってレスポンシブデザインにして、PCでもスマホでも同じイメージのブログになるという寸法。


まだ構想段階なので何とも言えませんが、やっぱりシンプル・イズ・ベストなんじゃないかな?

まぁ、このブログでやるか、別のブログでやるか分かりませんが、どちらにしろ一度は試してみたいと思います。

そんな1カラムにしてみたいお話でした。