読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

肉体の衰えがハンパない!久しぶりに懸垂したら1回も出来なかった件

健康・スポーツジム

 

いやはやなんとも。

まさか懸垂が1回も出来ないとは愕然とするしかないね。

もともと、筋肉隆々とした身体つきでもなければ、すでに老体といえる年齢。

そりゃ~、昔のようにはいかない事くらい、分かっていましたよ。

だからって1回も出来ないってどういうこと?

ジムに通い始めたら、懸垂からスタートだね。

 

先日、ふと階段の手すり部分に目が留まり、懸垂でもしてみようかとブラ下がってみました。

それっ!

力を入れて両の腕に体重を預け、グググッと持ち上げ・・・持ち上がんない!?

う、うそでしょ?

再度、グググッと・・・

 

呆れましたね、自分の肉体に。

ここまで衰えているとはつゆ知らず、まだまだ若い気でいたのが恥ずかしくなりました。

どうりで寝違えたり、肩こりになったりするわけだな。

 

ところで懸垂で使われる筋肉ってどこなんだろう?

ちょこっと調べてみました。

懸垂で鍛えられる筋肉としては「広背筋」「脊柱起立筋群」「上腕二頭筋」「上腕三頭筋」など。

なるほど、いわゆる逆三角形の上半身で重要な筋肉群ですね。

そういえば、最近はスマホやPCの前に座ってばかり。

背中を丸めて姿勢だって悪い。

これでは弱くなっていくのは当たり前です。

 

さらに懸垂では「腹直筋」「大胸筋」「三角筋」なども鍛えられるので、上半身全体のエクササイズとして最高何だそうです。

上半身のスクワットとも言われていて、上半身のキングオブエクササイズなんですね。

ということは、懸垂とスクワットをしっかりやれば、基本的にOKな感じなのかな?

今まで筋トレなんてしてこなかった初心者としては、とりあえず、この2種類の運動をメインにしてみましょうか。


で、懸垂が出来ないほど弱っているとなると、別の部分も気になります。

特に気になったのは腕立て伏せ。

まさか腕立てまで出来ないんじゃ・・・

なんとか8回くらいは出来ましたが、力を入れると歯が痛くなったので中止。

ジムに通う前に歯医者に行かなきゃダメかもね。


それにしても、やっぱり肉体改造は必要のようです。

懸垂だって腕立てだって、昔はもっと出来たはず。

いったいいつの頃かは覚えてませんが。

健康のために食事や生活習慣の改善が必要となった今、肉体改造も一緒に取り組まなければならないようです。

でないと、爺になった時、自分の足で立てないかもしれない。

年をとっても小便くらいは立ってしたいじゃないですか、男として。

そのためには今から始めなければいけないでしょう。

今まで真面目に筋トレなんてしたことがなかったのですが、アラフィフとなったのを契機に、ナイスボディを目指してみよう!

会社の定年間近なオジサンだってジムに通って鍛えているんだし、負けていられません。

 

と、最近は生活の事、健康の事で忙しく、趣味に費やす時間が全くありません。

まぁ、趣味の釣りに関してはほとんど書いてないし、ここで趣味についてはやめておくことにします。

なんだか滅茶苦茶なブログになってきましたが、中年オヤジの戯言だと思ってお許しを。