読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

直付け照明器具の取り換え・シーリング工事 ネット業者は高すぎる

 

中古マイホームですが、1年と2ヶ月が過ぎ、ぼちぼち不具合が出てきました。

といっても、重大な事ではありません。

キッチンの照明器具が悪くなってきたようで、点けた電気がしばらくすると突然消えたり、場合によってはスイッチを入れても点かなかったり。

どうやら照明器具本体が寿命のようです。

電気が点く瞬間に「ジーッ」と音がするので、内部の安定器不良かもしれませんが、今回は本体ごと交換することにしました。

現在の照明器具

f:id:ikkiblog:20170402090320j:plain

キッチンの照明器具は直付けタイプの蛍光灯で、蛍光灯カバーもすりガラスで出来ている年代物。

このタイプは照明器具を交換する際には、電気工事の資格がなければ工事が出来ません。

ですから自身で交換作業を行うことは出来ないのです。

万一、漏電や感電などしたら大変ですからね。

ここで閑話休題。

皆さん、感電したことあります?

100V電流が身体に流れると、漫画のようなビリビリッ!という電気が走る、わけではありません。

感覚としては、「ドンッ!」という衝撃が身体を抜けるといった方が正しいかな?

昔、パチンコ店でパチンコ玉を循環させる装置の一部が壊れたことがあって、その修理中にドンッ!という衝撃に見舞われたことがあります。

ほんの一瞬だったので事なきを得ましたが、あれが200Vだったら死んでいたかもしれません。

ですので、電気関係の素人工事は絶対にやめましょう。

話を戻します。

直付けの照明器具はこのような感じになっていて(我が家)、完全に天井に固定されています。

f:id:ikkiblog:20170402090319j:plain

*蛍光灯が若干消耗していますが、新品に換えても同じ症状

この場合には電気配線が直接、照明器具とつながれているため、交換するには絶縁処理などの電気工事が必要となるのですが、工事不要で器具の交換が出来る方法があります。

それが「引掛けシーリング」です。

引掛けシーリングライト

f:id:ikkiblog:20170402090321j:plain

今では一般的になりましたが、天井にシーリング(ソケットのような器具)が取り付けられており、そこに照明器具を引掛けるように設置するのが「シーリングライト」です。

*外側にネジ留め出来るようになっているものは「ローゼット」といい、5kg以上の照明が取り付けられます。シーリングは5kg以内。

このタイプの取り付け方法の場合、電気工事の資格は不要で、誰でも簡単に照明器具の交換が可能となります。

将来的なことを考えると、直付けよりも引掛けシーリングの方が何かと便利です。

そこで、今回は照明器具を交換するとともに、直付けから引掛けシーリングに変更することにしました。

ネット業者に問い合わせ

いち早く交換したい奥様が、ネットで見つけた業者に問い合わせをしたところ、作業代と照明器具代で、2~3万円くらいかかると言われたそうです。

しかし、インターネットで調べたところ、照明器具はピンキリあるので高いものは2~3万円くらいすることが分かりましたが、逆に安いものなら6~7千円程度で買えることも分かりました。

で、仕事帰りにノジマ電気に行って作業工賃はいくらくらい?と尋ねたところ、照明代とは別に4千円頂きます、との返答。

安めの器具を購入すれば1万数千円で交換が出来ることが判明しました。

ネット業者の言い分を聞いたわけではありませんが、おそらく照明器具の代金を1万5千円~2万5千円程度で考えていたのではないでしょうか。

たぶんですが、ネット業者って全国どこでも出張するようなことが書かれていますが、要するに町の電気店の代理店という感じなんでしょう。

受付だけして、近くの電気店・工務店へ仕事を依頼。

その手数料を取るんだと思います。

ですから、依頼されて来た業者は、出来るだけ高い照明器具を購入してもらうように営業する。

といった図式だと推測しました。

ですので、最近は町の電気屋さんも見かけなくなりましたが、面倒でも近くの量販店かホームセンターへ相談した方が安上がりですね。

引掛けシーリングの工事のみも依頼できる

照明器具とセットで依頼すれば作業工賃も安く済みますが、照明器具はネット通販などで気に入ったものが欲しい、といったケースもあるでしょう。

そこで、さきほどのノジマ電気で聞きました。

「シーリング工事だけの依頼は出来る?金額は?」

返ってきた答え

「原則、照明器具とセットですが、出来なくはないです。ただし、料金は割増になると思います。」

との事。(担当者、はっきり分からない雰囲気)

たぶん、ノジマ電気も出張工事などは下請けに出している可能があるので、通常4千円程度で出来る作業に2千円位は上乗せしたい、というのが正直な部分でしょう。

ですから、近くに町の電気屋さんがあれば、そこにシーリング工事だけを依頼して、照明器具は自分で購入して、自分で取り付ければ大丈夫です。

照明器具を探そう!

ということで、我が家ではネット業者の見積りを断わり、自分たちで手配することにしました。

ただ、一般的なシーリングライトは普通すぎて奥さんの好みではないようです。

奥さん曰く、「とりあえず、全く点かないわけじゃないし、色々さがしてみるよ~!」とのこと。

近隣の電気店となると、駅前のノジマ電気、または近所の島忠ホームズあたり。

あとは奥さん大好き、楽天市場あたりで探すことになりそうですね。

今度のお休みにでも、奥さんと照明器具探しをしてみようと思います。

以上、「直付け照明器具の取り換え・シーリング工事 ネット業者は高すぎる」でした。