読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

ダイエットの強い味方!体組成計を手に入れたので毎日測定するよ

 

今月10日から減量期、すなわちダイエットを開始したのですが、毎日のカロリー計算や体重の変化に一喜一憂しております。

現在、家にある体重計はタニタの体重計ですが、購入してから10年位は経過しており、そろそろ新しい体重計が欲しいと、常々考えていました。

そんな頃、知人の出産祝いの返礼品としてカタログギフトが届き、その中に「体組成計」があったのです。

早速、注文し届いたもの。

それが、この商品です。

f:id:ikkiblog:20170325091428j:plain

dretec体重体組成計:PETIT+

聞いたこともないメーカーなので心配ですが、キッチン用品・ヘルスケア用品・生活用品などを扱っているメーカーのようです。

メーカーHP

www.dretec.co.jp

そのdretecのプティプラス。

早速、箱から取り出してみましょう。

f:id:ikkiblog:20170325091427j:plain

出てきたのは、本体・取扱説明書2点。

あれ?電池は?

そう、電池は付属されていま・・・した。

f:id:ikkiblog:20170325091426j:plain

絶縁された状態で、最初から本体に入れてありますので、ご安心を。

 

プティプラスの使い方

使い方としては、自分の身長と年齢・性別を登録することで、基礎代謝なども調べられます。

測定できる項目は

・体重
・体脂肪率
・体水分率
・筋肉量
・推定骨量
・基礎代謝量

の6項目。

基礎代謝量については、ダイエットをする上で基本となるものなので、それが測定できるのはありがたいですよね。

またダイエットといっても体重そのものは関係なく、見た目が重要となってくるので体脂肪率が一番重要な項目で、次いで筋肉量。

年齢がある程度高くなってきたら、推定骨量も。

どこまで正確な数値なのかは不明ですが、目安として活用する分には十分すぎるだけの情報量と言えます。

設定方法も説明書を読んで頂ければ、どなたでも簡単に設定できるレベルですので、ご安心を。

 

プティプラスのマイナス点

ちょっと、「う~ん」と思った点については、測定した数値が意外と早く切り替わりながら消えてしまう点です。

測定値は記憶しているのであとから確認はできますが、エクセル等で数値の記録を取っている場合には、何度か確認が必要になる感じでしょうか。

また、写真でも分かると思いますが、測定値が上下、2段で表示されるので若干分かりにくいかもしれませんね。

f:id:ikkiblog:20170325091425j:plain

デザイン的にはお洒落なのかもしれませんが、この辺は慣れが必要になってきます。

 

プティプラスの大きさ

サイズは非常にコンパクトにできており、縦188mm・横218mm・厚み23mmというサイズです。

ティッシュの箱と比べてみても、この通りです。

f:id:ikkiblog:20170325091424j:plain

 

f:id:ikkiblog:20170325091458j:plain

場所を取らず、どんなところにも収納しておけるのは嬉しいですよね。

自分の部屋などの片隅に置いておいて、朝着替える時や寝る前などに、パッと測定できるので助かります。

今まではジムの体重計で体重のみを測定していたので、どうしても毎日の測定が出来ませんでした。

このプティプラスがあれば、毎日の測定が出来るので日々のダイエット管理も簡単に行えるようになります。

 

プティプラスまとめ

カタログギフトで頂ける商品ですから、それほど高いものではありません。

このプティプラスの上位機種では、乗っただけで個人を識別するタイプもあるそうですからね。

しかし、オジサンの筋トレ・ダイエットには十分すぎるくらい。

これで、6月末まで予定している減量期を乗り切りたいと思います。

ちなみに、ダイエット開始2週間で

開始時:71.7kg → 現在:69.8kg

現在、1.9kgの減量という状況です。

目指せ!体脂肪率10%以下!

以上、「ダイエットの強い味方!体組成計を手に入れたので毎日測定するよ」でした。