読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

飾り気のない我が家の極小スペースを花壇にしてみた。

マイホーム

もう12月も残りわずか。

マイホームでの年末年始、大掃除やら正月の準備やらで忙しい毎日です。

たまたま仕事が3連休だったこともあって、ジムにも行かず家のことばかりしていました。

その一つが、我が家の入り口付近の花壇計画。

奥さんが造花のプランターなんかを飾ってはいるものの、やっぱり偽物じゃね。

そこで、極小スペースながらも、何とか花壇的なものをやってみました。

購入したお花と道具

f:id:ikkiblog:20161222092313j:plain

正月の準備等のため、近くの島忠ホームズにて色々と購入してきました。

その際、スコップやら肥料やらを購入したのですが、島忠のガーデニングコーナーではお花を買わず、通り道にある園芸店にて買う事にしました。

なんせ初めての土いじりなので、見た目重視の華やかな花を選択。

その花は「ジュリアン」です。

f:id:ikkiblog:20161222092208j:plain

花の色がハッキリしているので、見た目的に良さそうですよね。

とりあえず9鉢?購入してみました。

育て方は分かりませんが、とにかく実行することが大切。

何とかなるでしょう。

花を植える極小スペース

さて、実際に花を植える場所は敷地の端っこであるココ。

f:id:ikkiblog:20161222092212j:plain

一応、現在は一部にタマリュウが植えられていて、いつかは緑で埋め尽くされる予定でした。

しかし、雑草除去のために奥さんが除草剤を適当に散布したために、一部のタマリュウは枯れてしまいました。

さらに、このスペースには「散水栓」や「止水栓」、「水道メーター」などがあり、花を植えられるスペースは限られています。

ですから本格的なガーデニングは出来ないのですが、パッと見で雰囲気が出ていれば合格です。

スポンサーリンク
 

 

9鉢じゃ少なすぎた

実際の作業はとても簡単です。

空いているスペースに穴を掘り、適当に購入した肥料を土と混ぜながら花を植えていきます。

面倒だったのは雑草の除去で、根っこが深い雑草などは少し大変でした。

タマリュウも偏りがあったので、穴を掘る際に邪魔なものは空スペースへ移動。

そうやって花を植え終えた状態がコチラ。

f:id:ikkiblog:20161222092203j:plain

流石に、少なすぎましたね。

6鉢ほど追加購入してみた

スペースに対する花の数があまりにも少なすぎたので、翌日に花を追加することにしました。

近くの園芸店で、同じジュリアンを6鉢ほど購入。

f:id:ikkiblog:20161222092200j:plain

ちなみにこのジュリアンですが、1コ180円のところ3コで500円でした。

ですので、最初の9コと合わせて合計15コ、2,500円です。

まぁ、この予算で家の入口付近が明るくなるのであれば、安い買い物ですよね。

さて、作業はさっさと終わらせて、どうなったか。

f:id:ikkiblog:20161222092152j:plain

なかなかです。

極小花壇まとめ

確かにスペースが小さくてガーデニングには不向きなんでしょう。

しかし、明るい色があることで、雰囲気がかなり変わりました。

まぁ、写真では土で汚れているのと、すでに日陰になっているのとで、あまり華やかさは伝わりませんが、夫婦はかなり満足しています。

ちなみにこの花壇計画ですが、パート2を予定しています。

それはこの汚いポストのプランター計画です。

f:id:ikkiblog:20161222143605j:plain

このポスト、本当なら引っこ抜いて処分したのですが、かなり下まで挿してさるようで抜けません。

もしかしたら、下でコンクリートに固定されているかも。

そこでポスト本体を外し、ポールの先端からプランターをぶら下げてしまおう、という計画です。

奥さんからはポールを白く塗装してほしいとの要望も出ているので、なるべく早い段階で作業したいと思います。

以上、「飾り気のない我が家の極小スペースを花壇にしてみた。」でした。