読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

遅ればせながらチープカシオを購入!人気アイテムと定番アイテムを揃えてみた

チープカシオ・時計

腕時計。

以前は時計にハマり、雑誌まで読んでいた時期もあるのですが、最近はご無沙汰です。

しかし、最近では「チープカシオ」や「チープシチズン」なるものが流行っていると。

よし!流行に乗り遅れるわけにはいかない!と購入を決意。

マイ・チープカシオをご紹介します。

スポンサーリンク

 

チープカシオを購入する理由

その前に、今使っている時計は何?とか聞かれると困ってしまいます。

f:id:ikkiblog:20161005101222j:plain

一応、オメガ:スピードマスターを所有してはいるのですが、磁石に囲まれたパチンコ店での勤務や、パチンコ・パチスロに明け暮れた日々のせいで、帯磁してしまいました。

磁気抜きすれば大丈夫ですが、現在では1日あたり10秒程度の誤差が出てしまいます。

それに機械式のクロノグラフなどは時計そのものが大きく、わたしのような細い腕には似合わない。

そんなこんなで、最近は腕時計をする機会も少なくなっています。

さらにスマホがあるために、時間を確認するという意味で日常生活に困ることもありません。

しかし、「時間を確認する」という1点に限定すれば、腕時計の方が優れたアイテムでしょう。

日常生活の中で、どんなシチュエーションでも使えて、仮に壊れても大丈夫。

ついでに、パッと見た感じがお洒落なら、最高ですよね。

そこで、チープカシオに白羽の矢が立ったわけです。

購入したチープカシオはこちら

f:id:ikkiblog:20161005101048j:plain

今回の購入にあたっては近所の家電量販店へ行ったのですが見当たらず、仕方なくamazonでの購入となりました。

送料を払うのもバカらしいので、3個ほどまとめ買いです。

Casio:スタンダードデジタルウォッチF-91W-1JF

f:id:ikkiblog:20161005101115j:plain

定番中の定番アイテム。

特徴・性能は、昔懐かしいデザイン、電池寿命7年、ライト、生活用防水、カレンダー、ストップウォッチなど。

わたしとしては釣りに出かけるときなど、雑に扱うようなシチュエーションにおいて出番となりそうですね。

Casio:アナログウォッチ MQ-24-7B2LLJF Men’s

f:id:ikkiblog:20161005100906j:plain

こちらはチープカシオの中でも人気の一品。

F-91Wと比べると電池寿命が3年と短めですが、シンプルで飽きのこないデザインは秀逸。

黒ベースに白い文字盤で時間も見やすく、おくさんとのデートなどカジュアルな感じでの使用がメインでしょうか。

こちらも生活用防水付きなので、多少の雨でも安心です。

シチズン:Q&Q Falcon VW86-851

f:id:ikkiblog:20161005100909j:plain

こちらはカシオ製ではなくシチズン製。

見た目からしてアウトドアな感じかしますが、実際にアウトドアで使用する感じではなく、あくまでもデザインとして楽しみたい時計です。

チープカシオより重量があるため、時計をしている感覚がありますが、それでも機械式にくらべたら雲泥の差。

サイズ感も男性の腕にちょうどいいサイズなので、デザイン的には気に入りました。

ちなみに、カシオの低価格腕時計をチープカシオ(チプカシ)、シチズンの低価格腕時計をチープシチズン(チプシチ)と言うそうで、今回はチプシチも1個加えての購入でした。

スポンサーリンク
 

チプカシ・チプシチの良い点

チープカシオ・チープシチズンの良いと感じる点は人それぞれだと思います。

しかし、誰もが納得するポイントとしては以下の4点だと思います。

バリュープライス

チープカシオにしろ、チープシチズンにしろ、その最大の良さといえば「価格」。

上記3本の合計金額にしても、3,250円(送料無料:1円単位は忘れた)という、バリュープライス!

1本単価で1,000円というお買い得品です。

この程度の価格であれば、例え故障しても新しく買いなおすことだって出来ますから。

さすがに1,000円の時計を修理に出すわけにもいきませんし。

また、気に入ったデザインの時計を見つけたら、値段を気にせず買うことが出来るのも強みですね。

電池寿命の長さ

他の良い点としては、電池寿命が非常に長いことが挙げられます。

ヨーロッパで話題になったチープカシオは、何と20年も放置されながらも時間を刻み続けたという。

基本的に、余計な機能もありませんし、電池の消耗が非常に少ないんでしょう。

最近ではソーラー時計が当たり前の時代ですが、ここまで電池寿命が長いのであればソーラーである必要もありません。

それに作りが簡単なので、場合によっては自分で電池交換だって可能でしょう。

それで壊れても、また買いなおせばいいですから。

時計本体重量の軽さ

腕時計って人によっては邪魔な感じがして、腕に着けているのがダメ!という場合もあります。

どうしても時計の存在感が出てしまうので、気になる人には向かないんでしょうね。

でも、それって時計の重さからくるような気がしてなりません。

時計自体が非常に軽くて、着けていることを実感しなければ気になるようなこともなく、快適に使用できるのではないでしょうか。

このチープカシオ、今回購入した3本においてチプシチのアウトドア風に関しては45gと多少の重量がありますが、チプカシにおいては18g、23gと非常に軽量です。

ここまで軽ければ、普段使いにおいて邪魔になるようなこともなく、ストレスフリーで腕時計を着けることが出来ます。

腕時計はどうも・・・という人にもおススメですね。

どこか懐かしいデザイン

奥さん曰く、デジタルウォッチの方は「ダサい!」とのこと。

しかしながら昭和40年代前半生まれのわたしとしては、カシオやシチズンといったクォーツ時計に憧れた世代。

一番最初に買ったもらった腕時計はシチズンの「デジアナ」。

あのデザイン、最高でした!

他にも計算機付時計だったり、現代のチープカシオに通じるようなデザインが豊富にありました。

時代は巡り巡ってくるもんだなぁ、と感慨深くもあります。

そんなレトロ感のあるデザインはもちろんのこと、若い世代にも受け入れられるお洒落なデザインも多数あり、思わずコレクションしたくなるのではないでしょうか。

今後の「チプカシ・チプシチ」コレクション

購入後もネットでチプカシ・チプシチの情報を見ていたのですが、かつてのデジアナのようなデザインもあるし、価格も安いということを考えると、もう少し本数があってもいいかな?と感じています。

わたしの影響を受け、奥さんも「腕時計を買う!」とか言い始めているので、どうやら腕時計ブームが到来しそうな予感もしています。

本数が増えれば、時計を飾ることもあるでしょうし、それはそれで楽しそうですよね。

ということで、追加購入時には改めてブログに書きます。

以上、「話題のチープカシオを購入!人気アイテムと定番アイテムを揃えてみた」でした!

追加購入したので、こちらも参考に!

ikkiblog.hatenablog.jp