読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

【新所沢グルメ】新所沢駅のラーメン屋「麺処 丸め」の定食はコスパ良し!

 

麺処 丸め

新所沢駅emio(駅ビル?)内にあるラーメン店。西口に進み階段を下りた左側にあります。

ネット情報では、以前は別のラーメン店だったようで、それも頻繁に店が変わっているようですね。

駅にあるといっても目立たない位置にあるため、お客さんが入りにくいのかもしれませんね。

そんなことはさておき、ラーメン屋といえばラーメンの話をするべきなのでしょうが、今回は定食のお話。

f:id:ikkiblog:20160915134250j:plain

スポンサーリンク

 

意外と定食が美味いラーメン屋

ラーメンについては鴨&煮干しということで好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。

実際、つけ麺を出しているお店って、煮干しが利きすぎている場合が多いような感じがしています。

f:id:ikkiblog:20160918092804j:plain

煮干しって思いのほか主張が強く、店内に入ると煮干しの匂いが気になることも。

そんな丸めさんですが、ラーメンだけでなく定食もあります。

先日、奥さんが「豚生姜焼き定食」を食べて美味しかったから、一緒に行こうと誘われていました。

そこで二人して定食を食べに行ってみた感想についてですが、これが美味しくてコスパもいいのでビックリ。

豚生姜焼き定食と肉野菜炒め定食

奥さんの話によると豚の生姜焼き定食が美味しかったとのことで、奥さんは生姜焼き定食をリピートで。

わたしは同じものを食べては意味がないので、肉野菜炒め定食を注文しました。

食券を渡すと、「ご飯は並みと中、どちらにします?」と。

並みと中?

何が違うのでしょう。

奥さんはとりあえず並みで注文したので、わたしは中で注文してみました。

奥さんいわく、金額の割にはボリュームがあるそうで、期待して待ちます。

そして出てきたのがこちら。

肉野菜炒め定食

f:id:ikkiblog:20160918092519j:plain

この野菜炒めのボリューム!

強めの胡椒がアクセントになり、ご飯が進む一品です。

豚生姜焼き定食(味噌汁椀は奥さんが手にしてます)

f:id:ikkiblog:20160915134246j:plain

生姜焼きも肉の量は十分で、食べごたえアリ。

味は比較的、濃いめで焼きがしっかりした感じの生姜焼きです。

この辺は好みが分かれるかもしれませんね。

ついでにチキン南蛮定食も。

f:id:ikkiblog:20160918092812j:plain

まぁ、これは普通でした。

どうです?

メイン料理に味噌汁、小鉢、さらにサラダまでついてます。

これで790円だったかな?

ご飯の「中」は、ほぼ大盛りでしたからボリュームとしては最高です。

それぞれの味も美味しく、奥さんも次回は肉野菜炒め定食にしようと言っていました。

スポンサーリンク

 

丸めのマイナス点

煮干し系ということで嫌いな人には無理だと思いますが、気にならない人であれば一度は行ってみるのもいいでしょう。

中華そばやつけ麺など、ラーメン屋としてのメニューだって充実していますので。

しかし、通い詰めているわけでないので分からない点もありますが、あえてマイナスポイントを挙げるとすれば、それは料理が出てくるまでの時間が長い。

厨房には3人もいるのに、どうもうまく機能しているとは思えません。

それと定食については売り切れがあるようで、先日改めて行った時には豚生姜焼き定食も肉野菜炒め定食も売り切れでした。

奥さんからすれば煮干し系のラーメンは好きじゃないので、この時は入るのをやめましたが、定食もメニューとしてある以上、もう少し頑張って頂きたいものです。

また、餃子については皮が薄めの餃子で、肉汁はたっぷり入った感じです。

個人的には皮厚めが好きなのですが、奥さんは「美味しい!」と言ってましたね。

f:id:ikkiblog:20160918092523j:plain

丸め総合評価は?

個人的には★★★☆☆の3点(5点満点)といったところですかね。

駅ナカという立地から考えるとお客さんの数は多いとは言えず、あえて言うなら活気がない感じでしょうか。

スタッフもお世辞にも元気があるとは言えない感じで、総合評価としては良くも悪くも「普通」です。

終電近くまで営業しているので、仕事帰りに駅前でラーメンでも食べて帰ろうか、なんていう時にはお勧めですね。

以上、「【新所沢限定】新所沢駅のラーメン屋「麺処 丸め」の定食はコスパ良し!」でした。