読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

筋トレ始めるとプロテインやサプリが気になるよね!気になる3つはコレ!

健康・スポーツジム

 

ジム通いも1か月が経とうとすると、筋トレのメニューやトレーニング頻度以外にも気になることが出てきます。

それがプロテインやサプリメント。

筋肉を大きくするためには、正しいトレーニングが一番重要なことは理解していますが、初心者というのはいち早く筋肉を大きくしたいと願ってしまいます。

そんな時、「筋肥大効果抜群!」とか「筋肉増強!」なんて言葉を見ると、ワクワクしてしまうものです。

もちろん、わたしもその一人。

そこで、今気になっているプロテインやサプリメントをご紹介します。

f:id:ikkiblog:20160918091935j:plain

スポンサーリンク

 

ビーレシェンドプロテイン

ネットでプロテインとか調べてみると、ホント色々ありますよね。

プロテインに求められるもの、それは味であったり、溶けやすさだったり、もちろんプロテイン含有量だったり。

初心者からすると飲み続けるには、味は大きなポイントでしょうね。

このビーレジェンドプロテインは何と7種類もの味が用意されていて、毎日、日替わりで飲むことだって可能です。

belegend.jp

公式HPを見ると、それはそれは凄いことが書かれていますが、初心者として気になるポイントは「値段の安さ」「飲みやすさ」「溶けやすさ」でしょうか。

成分的な面でも他とは違うことが書かれていますが、わたしのような初心者からすればよく分からない部分でもあって、やはり先の3点にまとめられますね。

「飲みやすさ」=「味」でもあるし、「飲みやすさ」=「溶けやすさ」でもあって、このビーレジェンドはどちらも優れたプロテインのようです。

「値段の安さ」も優れていて、1kg入りで2,600円(ナチュラル)か買うことができ、飲み続けていくには最適ですよね。

正直、購入の第一候補です。

ウイダー:マッスルフィットプロテイン

ウイダーといえば「ボディビルの父」「ボディビルの神様」と称されるジョー・ウイダー。

そのウイダーの名を冠にしたプロテインシリーズが多くの人に愛飲されています。

日本では森永製菓がアメリカ・ウイダー社と業務提携して販売しています。

そんなウイダープロテインの中から、わたしが選んだプロテインがマッスルフィットプロテインです。

www.weider-jp.com

HPではビーレジェンドにあるような「値段の安さ」「飲みやすさ」「溶けやすさ」などは、特に宣伝していませんので、実際のところは分かりません。

では、何がマッスルプロテインのメリットなのでしょう?

それは「どこでも買える」ことに尽きます。

近くのドラッグストアでも扱っており、「残り少ないな」と思ったらすぐに購入することが出来ます。

これって意外と重要で、実は通販とか面倒だし、いつでもどこでも手軽に買えるという点は非常に大きなメリットなんですね。

それと、成分的にちょっと気になる点が1つ、EMRという成分です。

このEMRについての詳細は公式HPを見てもらうこととして、簡単に説明すると「トレーニングをしなくても筋肥大が起こる可能性がある」成分なんです。

このような成分が含まれているということは、他のプロテインに比べてタンパク質含有量が低くてもトレーニング効果が出やすいということです。

正直、タンパク質が何gとか炭水化物が何gとか言われてもピンときませんが、EMRのような何やら怪しげな成分にはドキドキしてしまいますよね。

マッスルフィットプロテインは、このEMRで今回の候補になりました。

ビルドマッスルHMB

最近、ネット検索といえば筋トレ・プロテイン関係ばかりのため、様々なサイトで広告に出てくるのがこのビルドマッスルHMB。

プロテインではなくサプリメント系です。

mens-drug.com

詳細はビルドマッスルHMB公式サイトで確認してもらうとして、何がいいのかといえば「錠剤のため携帯に便利」という点でしょうね。

それ以外には様々な成分が入っていることで、プロテインよりも効率良く筋肉に対する効果が出るらしいです。

それとお得な定期購入の場合、初月は500円になるとのことで、コスト面で非常に優れているらしいです。

今回、候補に取り上げた理由としては一番最初に興味を持ったからで、色々調べていくうちに興味はだんだん・・・

ただプロテインのように溶かして飲むタイプが苦手な人にはお勧めでしょう。

スポンサーリンク

 

おまけ:アミノバイタルプロテイン

実は筋トレを始めた際、近所のドラッグストアで特売していたために一番安いアミノバイタルを2箱ほど購入してみました。

飲んでみると、何となく筋肉疲労が少ないような気はします。

が、比べる対象がないので、気のせいだと言われればそれまで。

しかし、このアミノバイタルプロテインはアミノバイタルにプロテインまで含まれるようで、これなら筋肉にも効きそうじゃないですか。

さらに、1食ずつスティックになっているので、これも携帯に便利ですね。

一応、参考までに。

出した答えはコレ

結局、これを購入しました。

ウイダー:マッスルフィットプロテイン(バニラ味)900g

f:id:ikkiblog:20160918092410j:plain

やはり、手軽に購入できる点、およびEMRが決定打となりました。

プロテインやサプリは、結局のところ魔法の薬でも何でもなく、単なる補助食品です。

トレーニングをする上で、普段の食事だけでは不足する栄養素を摂取するために飲むものです。

そう考えると、結局はどれもそれほど変わらないかと。

わたしの飲み方ですが、シェーカーは使わずにガラスコップで飲んでいます。

f:id:ikkiblog:20160918092407j:plain

水を入れたコップに付属スプーン3杯を入れてかき混ぜるだけ。

飲んだ感想としては、多少粉っぽさが残りますし、かき混ぜただけでは溶け切らず、ダマが残った状態になりますね。

ただ、バニラ味の風味は悪くないので、プロテインを「飲む」というより「食べる」と思えば、美味しく頂けます。

f:id:ikkiblog:20160918092405j:plain

でも、シェーカーは購入した方がいいかな?

以上、「筋トレ始めるとプロテインやサプリが気になるよね!気になる3つはコレ!」でした。