読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

ノンアルコールビールを4メーカー5商品で飲み比べてみた結果を報告するよ!

 

現在、健康診断を控えて断酒中の身としては、せめてノンアルコールでもいいから雰囲気だけでも味わいたい。

そんな思いからノンアルコールチュウハイに挑戦してみたものの、クソ不味いという残念な結果に終わりました。

そこで今回はノンアルコールの王道ともいえる、ノンアルコールビールを試してみましたのでご報告します。

今回試飲したノンアルコールビールは全部で5商品。

さて、その味は?

 

サントリー ALL-FREE
 粒選り麦芽100%仕込
 カロリー0・糖質0・アルコール0

f:id:ikkiblog:20160515125001j:plain

定番中の定番、ノンアルコールビールと言えば、このオールフリーでしょう。

テレビCMでも一番放送しているんじゃないかな?

デザイン的にも一番洗練された感じが出ていて、女性からの好感度も高そうですよね。

スーパーのレジに並んでいるとき、このオールフリーならカゴに入れても恥ずかしくないでしょう。

そんなオールフリーですがお味の方はというと、スッキリした味わいで飲みやすい。

ビールに比べると炭酸も弱めですし、ビールテイスト飲料としての完成度は高いと言えます。

ただし、あくまでもビールテイスト飲料であって、ビールの代りになるようなことは無いでしょうね。

わたしの第一印象は「薄っ!」

麦芽100%と謳っているわりには麦芽の香りも弱く、ビールらしさはありません。

これは女性もターゲットとして、ライト感覚の飲物という位置づけだと思います。

 

キリン PERFECT FREE
 脂肪の吸収を抑える 糖の吸収をおだやかにする
 カロリー0・糖質0・アルコール0

f:id:ikkiblog:20160515124956j:plain

ノンアルコールチュウハイで残念な結果となったキリンの商品。

ここはリベンジといきたいところですね。

で、一口。

「う~ん・・・」

これもオールフリーのようなライト感覚の飲物を目指しているのでしょうか?

デザインからすればキリンのイメージが前面に出ているので、よりビール感が強いと思って飲んだので期待外れな感じがあります。

ただ、脂肪や糖の吸収を抑えるといった特保的なイメージを重視し、メタボな旦那さんをターゲットにしているようですね。

ですからビール感は犠牲になってしまっている印象です。

ビールテイスト飲料ってこんなものなんでしょうか。

 

アサヒ DRY ZERO
 目指したのは、最もビールに近い味
 カロリー0・糖質0・アルコール0

f:id:ikkiblog:20160515124950j:plain

アサヒと言えばスーパードライで有名なメーカーです。

今回はそのアサヒから2商品がエントリー。

特にこのドライゼロは最もビールに近い味と謳っているくらいですから、期待できるのではないでしょうか。

さて、一口。

これは中々、来てます。

ビールに近い、とまでは言えませんが、第三のビールに近いとは言えます。

サントリー、キリンに比べれば断然ビールテイストがあり、飲みごたえは十分ではないでしょうかね。

今のところ、No.1ですね。

 

アサヒ DRY ZERO FREE
 4つのゼロですっきりさわやかな味わい
 カロリー0・糖質0・プリン体0・アルコール0

f:id:ikkiblog:20160515124946j:plain

さぁ、ドライゼロが高評価だったのでこちらも期待できそうです。

ただ4つのゼロというくらいですから、これも健康志向なのかな?

そう考えるとあまり期待しない方がいいかもしれません。

で、結果としてはまぁまぁ。

味的にはドライゼロと変わらないようですが、ビール的な力強さが感じられません。

この商品はオールフリーやパーフェクトフリーを目指した感じがあって、スッキリ感の方が強いと言えますね。

またプリン体も0なので、健康志向な方には向いているかもしれません。

 

オエノン FOUR ZERO
 4つのZERO
 カロリー0・糖質0・プリン体0・アルコール0

f:id:ikkiblog:20160515124940j:plain

これは聞いた事が無いメーカーです。

4つのゼロという点ではアサヒのドライゼロフリーと同じコンセプトですが、お味の方は?

あまり期待しないで飲んでみましょう。

はい、可もなく不可もなくといったところですね。

購入時、金額を見ていなかったのは失敗ですが、おそらく他の商品に比べたら安いのではないでしょうか。

そうであればコストパフォーマンス的には、有名メーカーと互角に戦えるレベルにはあると思います。

 

以上、4メーカー5商品を飲み比べてみたのですが、一つ分かったことがあります。

それは喉に感じる炭酸の強さです。

たぶん味的にはそれほど大きな差は無いのかもしれません。

しかしビールはのど越しがポイントで、それが無ければ意味がありません。

その辺で上記5商品に違いがあり、美味しさの差になったと言えます。


さて、わたしの独断と偏見で決めた順位は以下の通り。

  第一位:アサヒ ドライゼロ
  第二位:サントリー オールフリー
  第三位:オエノン フォーゼロ
  第四位:アサヒ ドライゼロフリー
  第五位:キリン パーフェクトフリー

 

またしてもキリンは残念な結果でした。

ラガーや一番しぼり、氷結などは好きでいつも飲んでいるのですが、このノンアルコール飲料においては今一な結果となりました。

とはいっても、しょせんはノンアルコール飲料。

健康診断が終われば飲むことはないでしょう。

だって、アルコールが入ってないのは味としても致命的ですし、結局は代用品には成り得ません。

あくまでも全くの別物として呑んだ方がいいでしょうね。

 

それと第三のビールなどでもそうですが、糖質やプリン体などを無くした商品は美味しくありません。

身体に悪いものを無くせば無くすほど、味が犠牲になっていきますから。

これからは毎日第三のビールを飲むのではなく、週に2日でいいからビールを飲もうと思います。

 

あと4日の我慢だ!