読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきblog

アラフィフにして、ようやく人並の生活を手に入れた人生やりなおしブログです。若者よ!こんな大人にならないように!

虚言癖がある人間とは距離を取った方がいいよ。下手な親切心は問題を長引かせるだけ。

 

あなたの周りにもいませんか?

虚言癖のある人。

 

仲間内での会話を円滑に進めるため、多少話を盛ってしまうのは仕方がないですよね。

誰でも経験があるでしょう。

でも、仕事で嘘をつく人ってダメ。

それなのに意外といるんだな~、そんなお話。

 

その人に違和感を覚えたのは初めての忘年会の時。

営業成績はわたしより断然上で、営業内でトップだった。

それなのに忘年会で、何故かわたしをヨイショするんですよ。

こっちは何もしてないのに「君のおかげで今の僕がいるんだよ。」とか「君がいなければ辞めてたよ。」とか。

気持ち悪っ!

ちなみに、わたしより5歳も年上。

その時に悟りました。

こいつ、嘘つきだね、と。

 

それからというもの、気持ち的に少し距離を取るようにしながら観察するように。

すると、いろんな場面で都合のいいことばかり話してる。

あっちでAと言いながら、こっちではBという。

初めは単に都合のいいことばかり言ってる、適当なヤツという感じだったんです。

それが実は違うんじゃないかと。

 

ある時、先輩に自分の担当顧客を取られたとかで、かなりの言い合いになったんです。

「例え先輩でも間違っているものは間違っている!」なんて言ってました。

でも、その後、わたしの担当顧客を平気で横取りするんです。

そのことを追求すると「だったら成績を返そうか?」なんて言う始末。

呆れて何も言えませんでした。


こういう人は言葉が巧みで、初めのうちは「いい人」のように周りと接します。

だから、問題が起こるまで気が付かない。

「彼は嘘つきだから気を付けな。」と言っても誰も信じなかったですから。

逆に「あいつはひがみ根性で俺の悪口ばかり言ってる。」なんて言われます。

気を付けましょう。

 

ある時、適当なことを言っていると追求されたことがあったんですが、本人は本気で「嘘なんて言ってない!」と。

論理的に彼が言っていることは破綻しているんですが、ああいえばこういう状態で堂々巡り。

結果として、周りが根負けしてしまったという。

そういう事がありながら、それすらも「自分ばっかり責められる」と言って回るような人です。

こういう人って、嘘を嘘だと思ってない。

常に自分が正しいと思っている人なので、その自分が言う言葉に嘘なんて無い。

つじつまが合わなくても関係ないんです。

嘘とかじゃなく、自分は正しい事を言っているから間違ってない、という論法ですね。


こういう人は人との付き合い方も「敵」か「味方」かになりがちで、表面上はどんなに仲が良さそうにみえても、裏では罵詈雑言です。

そういうことって自然と耳に入ってくるので、結局誰も彼のことを信用しなくなる。

そして孤立していきます。

でも、それを他人のせいにする。

悪循環ですね。


何だろ?虚栄心が強すぎるのか、精神的な病なのか。

とにかく自分と他人を比較して「上」か「下」かを病的に気にする。

「下」だと分かると徹底的に見下し、攻撃する。

「上」だと分かると徹底的にひがみ、陰口を言う。

虚言癖がある人が、みんなこういう人だとは思わないけど、実例から考えると全部繋がっている気がするね。

 

人間だから、多少はこういう面があることは分かってるけど、あまりにも極端な人の場合には近寄らないことが一番ですね。

こういう人がいると仕事でも面倒なことが起きます。

当然、取引先でも同じ調子だから付き合いも疎遠になるし、会社の立場も悪くなる。

結局、周りの人間が頭を下げて回るハメに。

何とかなりませんかねぇ・・・


こりゃ、愚痴ログになっちゃった。


社会に出たら、こんな人とも一緒に仕事しなければならない状況だってあります。

そんな時は、とにかく一定の距離を保ち、決して近づかないようにしましょう。